· 

建設業法 第3条の2(許可の要件)

1 国土交通大臣または都道府県知事は、前条第1項の許可に条件を付し、およびこれを変更することができる。

 

2 前項の条件は、建設工事の適正な施工の確保および発注者の保護を図るために必要な最小限度のものに限り、かつ、当該許可を受ける者に不当な義務を課すこととならないものでなければならない。

 

要するに

大臣や知事は、

条件付きの許可をしたり、

許可の内容を変更することが認められているけれど、

 

その権利を行使する範囲は、

建設業法の目的に反しない程度にとどめておきましょうね、ということが定められています。