· 

建設業法 第24条の5(特定建設業者の下請代金の支払時期等)

1 特定建設業者が注文者となった下請契約(下請契約における請負人が特定建設業者または資本金額が政令で定める金額以上の法人であるものを除く。以下この条において同じ)における下請代金の支払期日は、前条第2項の申出の日(同項但し書きの場合にあっては、その一定の日。以下この条において同じ)から起算して50日を経過する日以前において、かつ、できる限り短い期間内において定められなければならない。

 

2 特定建設業者が注文者となった下請契約において、下請代金の支払期日が定められなかったときは前条第2項の申出の日が、前項の規定に違反して下請代金の支払期日が定められたときは同条第2項の申出の日から起算して50日を経過する日が下請代金の支払期日と定められたものとみなす。

 

3 特定建設業者は、当該特定建設業者が注文者となった下請契約に係る下請代金の支払いにつき、当該下請代金の支払期日までに一般の金融機関(預貯金の受け入れおよび資金の融通を業とするものをいう)による割引を受けることが困難であると認められる手形を交付してはならない。

 

4 特定建設業者は、当該特定建設業者が注文者となった下請契約に係る下請代金を第1項の規定により定められた支払期日または第2項の支払期日までに支払わなければならない。

 

当該特定建設業者がその支出をしなかったときは、当該特定建設業者は、下請負人に対して、前条第2項の申出の日から起算して50日を経過した日から当該下請代金の支払いをする日までの期間について、その日数に応じ、当該未払金額に国土交通省令で定める率を乗じて得た金額を遅延利息として支払わなければならない。