· 

建設業法 第25条の17(訴訟手続きの中止)

1 紛争について当事者間に訴訟が係属する場合において、次の各号のいずれかに掲げる事由があり、かつ、当事者の共同の申立てがあるときは、受訴裁判所は、4月以内の期間を定めて訴訟手続きを中止する旨の決定をすることができる。

 

① 当該紛争について、当事者間において審査会によるあっせんまたは調停が実施されていること。

 

② 前号に規定する場合のほか、当事者間に審査会によるあっせんまたは調停によって当該紛争の解決を図る旨の合意があること。

 

2 受訴裁判所は、いつでも前項の決定を取り消すことができる。

 

3 第1項の申立てを却下する決定および前項の規定により第1項の決定を取り消す決定に対しては、不服を申し立てることができない。