· 

建設業法 第25条の21(立入検査)

1 審査会は、仲裁を行う場合において必要があると認めるときは、当事者の申出により、相手方の占有する工事現場その他事件に関係のある場所に立ち入り、紛争の原因たる事実関係につき検査をすることができる。

 

2 審査会は、前項の規定により検査をする場合においては、当該仲裁委員の1人をして当該検査を行わせることができる。

 

3 審査会は、相手方が正当な理由なく第1項に規定する検査を拒んだときは、当該事実関係に関する申立人の主張を真実と認めることができる。