· 

建設業法 第27条の18(監理技術者資格者証の交付)

1 国土交通大臣は、監理技術者資格(建設業の種類に応じ、第15条第2号イの規定により国土交通大臣が定める試験に合格し、もしくは同号イの規定により国土交通大臣が定める免許を受けていること、第7条第2号イもしくはロに規定する実務の経験もしくは学科の修得もしくは同号ハの規定による国土交通大臣の認定があり、かつ、第15条第2号ロに規定する実務の経験を有していること、または同号ハの規定により同号イもしくはロに掲げる者と同等以上の能力を有する者として国土交通大臣がした認定を受けていることをいう。以下同じ)を有する者の申請により、その申請者に対して、監理技術者資格者証(以下「資格者証」という)を交付する。

 

2 資格者証には、交付を受ける者の氏名、交付の年月日、交付を受ける者が有する監理技術者、建設業の種類その他の国土交通省令で定める事項を記載するものとする。

 

3 第1項の場合において、申請者が2以上の監理技術者資格を有する者であるときは、これらの監理技術者資格を合わせて記載した資格者証を交付するものとする。

 

4 資格者証の有効期間は、5年とする。

 

5 資格者証の有効期間は、申請により更新する。

 

6 第4項の規定は、更新後の資格者証の有効期間について準用する。