· 

建設業法 第46条

1 前条第1項から第3項までに規定する賄賂を供与し、またはその申込みもしくは約束をした者は、3年以下の懲役または200万円以下の罰金に処する。

 

2 前項の罪を犯した者が自首したときは、その刑を減軽し、または免除することができる。