· 

建設業法 第50条

1 次の各号のいずれかに該当する者は、6月以下の懲役または100万円以下の罰金に処する。

 

① 第5条(第17条において準用する場合を含む)の規定による許可申請書または第6条第1項(第17条において準用する場合を含む)の規定による書類に虚偽の記載をしてこれを提出した者

 

② 第11条第1項から第4項まで(第17条において準用する場合を含む)の規定による書類を提出せず、または虚偽の記載をしてこれを提出した者

 

③ 第11条第5項(第17条において準用する場合を含む)の規定による届出をしなかった者

 

④ 第27条の24第2項もしくは第27条の26第2項の申請書または第27条の24第3項もしくは第27条の26第3項の書類に虚偽の記載をしてこれを提出した者

 

2 前項の罪を犯した者は、情状により、懲役および罰金を併科することができる。