指定分割(908条) 遺言による遺産の分割方法の指定がある場合には、それにしたがいます。 協議分割(907条) 共同相続人の協議による遺産の分割です。 調停分割(家事事件手続法244条以下) 分割の審判に先立って、家庭裁判所によって行われる遺産の分割です。 審判分割(907条) 相続人の申し立てによって、家庭裁判所が行う遺産の分割です。
相続とは、特定の故人の死亡により、その者の権利義務が、その者と身分関係を有する相続人に包括的に承継されることをいいます。
公証役場で遺言公正証書を作成する際、原本・謄本・正本という、名前の似た3種の文書ができあがります。 それぞれの違いについて見ていきましょう。
遺言書の保管者または遺言書を発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、遺言書の検認を請求しなければなりません。 これは義務として定められていますので、家庭裁判所への提出を怠ると「過料」というペナルティが課せられます。罰金のようなものですね。...
このページは、 自筆証書遺言 秘密証書遺言 公正証書遺言 という3つの方式の中から、「公正証書遺言をおすすめします」という視点から記述してみたいと思います。
法律的に有効な遺言書がなければ、相続人全員の合意が形成できるまで、協議を続けなければなりません。 また、法定相続分は子供達には均等に配分することを原則としています、 ですから、遺言者が3人の子供の生活状況を考慮して、各人が受ける相続財産を遺言者が指定して、法定相続分とは異なる配分をすることができるようになります。
やまだのかきもの · 2019/03/20
「創業プラン実現支援塾」は、群馬県の商政課が主催し、公益社団法人群馬県産業支援機構が共催して、平成30年度ぐんま創業者交流事業として開催されました。塾生は群馬県内各地から集まった10人。平成30年9月から平成31年3月まで、半年にわたって塾に通いました。

お知らせ · 2019/03/13
本日は、群馬産業技術センターにご来場いただき、まことにありがとうございます。 また、QRコードを読み取ってこのページをご覧いただき、重ねてお礼申し上げます。...

お知らせ · 2019/02/13
ふくろう事務所代表の山田が、群馬県主催のビジネスプラン発表会に登壇いたします。

お知らせ · 2019/01/23
前橋市創業センター入居者の通過儀礼、「ビジネス発表会」に初めて参加いたしました。 自己紹介 これまで これから の3部構成でお話をさせていただきました。 持ち時間の5分では伝えきれなかったことを少々補足説明いたします。

さらに表示する