群馬前橋の遺言・遺産相続相談室

相談している夫婦と相談員、合わせて3名が描かれたイラストです。
遺言・遺産相続に関するご相談

群馬県前橋市の特定行政書士ふくろう事務所は、群大病院と県営陸上競技場の間に位置しています。

 

定期健診のあとや、お孫さんの全力疾走を観戦したあとなどにお立ち寄りいただけます。

よく聞くフレーズ

  • 「ウチには財産なんてないから大丈夫」
  • 「子供たちは仲が良いから心配ない」
  • 「子供がいないから、夫の財産は全部自分のものになる」

ウチには財産なんてないから大丈夫

本当に財産はありませんか?

 

お家がありませんか?

土地がありませんか?

預貯金の口座をもっていませんか?残高は本当にゼロですか?

 

お家が築40年でも、

土地が25坪であっても、

通帳の残高が50万円でも、

 

亡くなった方の財産に違いありません。

これらを「相続財産」といいます。

 

相続財産が本当にゼロっていう方は、現実的には考えにくいですね。

子供たちは仲が良いから心配いらない

子供は、いつまでも子供ではありません。

 

18歳で大学進学のため上京し、就職し、結婚し、孫が生まれたというのは、良くある話ですよね。

 

孫が進学・就職・結婚というときに、あるいは、子供が家を購入するというときに、お金が必要だというタイミングで、相続は突然にスタートします。

 

予期せず手に入るお金が、100万円なのか、それとも250万円なのかというのはとても大きな問題です。

 

国公立しか行かせてやれないと思っていたけど、私学でも行かせてやれるのか。

車の買い替えは中古車にしようと思っていたけど、新車に手が届くかも。

 

登場人物は、子供だけではありません。

子供の夫・妻もからんできます

(子供の配偶者を悪者扱いするつもりはありません)。

 

そうすると、子供が自分意思だけで譲り合える環境にはなかなかなりません。

 

権利を主張することが先に立ってしまう、というのも理解できる話ではないでしょうか。

子供がいないから、夫の財産は全部自分のものになる

けっこう多く聞くフレーズです。

 

でもこれ、「誤解」です。

 

 

夫に親がいるケースでは、3分の1は夫の親が相続します。

 

夫に親はいないけれど、兄弟姉妹がいるケースでは、4分の1は夫の兄弟姉妹が相続します。

 

意外に知られていないルールではないでしょうか?

「夫の妹から突然請求されて面食らった」というお話もあります。

つまり

人が生きている以上、相続は必ず起こります。

 

法律的に有効な遺言がなければ、相続人全員による合意を形成できるまで、協議を続けなければなりません。

 

元気な今なら、できる準備があると思いませんか?