ブログカテゴリ:遺言の豆知識



公証役場で遺言公正証書を作成する際、原本・謄本・正本という、名前の似た3種の文書ができあがります。 それぞれの違いについて見ていきましょう。
遺言書の保管者または遺言書を発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、遺言書の検認を請求しなければなりません。 これは義務として定められていますので、家庭裁判所への提出を怠ると「過料」というペナルティが課せられます。罰金のようなものですね。...
このページは、 自筆証書遺言 秘密証書遺言 公正証書遺言 という3つの方式の中から、「公正証書遺言をおすすめします」という視点から記述してみたいと思います。
法律的に有効な遺言書がなければ、相続人全員の合意が形成できるまで、協議を続けなければなりません。 また、法定相続分は子供達には均等に配分することを原則としています、 ですから、遺言者が3人の子供の生活状況を考慮して、各人が受ける相続財産を遺言者が指定して、法定相続分とは異なる配分をすることができるようになります。